calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

archives

マイナスからプラスに (本社工場 管理課Fさん)

1

 私は、正直『めんどくさがり』な性格です。
例えば、


『この資料作成めんどくさいなー』とか、
『この集計もっと簡単に出せないかなー』とか、
『この手入力どうにかならないかなー』など…


気が付けば、どうしたらもっと楽に仕事が
出来るかを常に考えています。
一見このマイナスに思える感情が、
実は私の仕事に対する活力になっていて、
いかに効率よく仕事を進められるかにつながっていると思います。


あまり自分の性格が好きな方ではないのですが、
"少しでも仕事に活かせているのかな"と思うと、
ちょっとだけ好きになれそうな気がします…。


意味を考えて仕事をする (鶴ヶ島工場 製造課Fさん)

1

 私は仕事をする時、必ず意味を考えて行動するタイプです。
なぜならば、意味のない仕事はムダだと考えるからです。
日常生活では時に意味のないところから
面白いことが生まれたりもしますが、
仕事では必要ないと考えています。


ただ上司に言われたからやっている、
ルールだから、周りの会社がやっているから、
世間の風潮だから、そこに意味はあるのでしょうか?

ムダな事を省き、やるべき事をきちんとやる、
それが私の考える仕事です。
ですから、後輩から質問された時にも
必ず理由まで説明するようにしています。


そんな偉そうなこと言っている私ですが、
3才の娘から繰り出される『なんで?なんで?攻撃』には答えに詰まり
『ようかいの所為』にしてしまう残念な父親なのでした。


空気を読む (本社工場 生産技術課Sさん)

1

 空気を読むことは日々の生活だけでなく、
仕事をする上でもとても大切なことだと思います。


しかし、空気を読めない人はたくさんいます。
自分はどうだろう...と時々考えます。
人の話をしっかり聞いているだろうか?
優先順位を決めてスムーズに仕事ができているだろうか?
上司や後輩が今やっている仕事や
今自分に求められていることがわかっているだろうか?などなど
気をつけなければならないことがたくさんあります。


空気を読むことは現場で仕事をする上でとても重要なことです。
自分が何をすべきかを常に考え、
日々の業務にあたりたいと思います。


品質管理って。。。 (鶴ヶ島工場 品質管理課Nさん)

1

品質管理課に配属となり半年。。。
立場が変われば何とやらで
品質への考え方など、自分の仕事への考え方も
変わってきたように感じます。


そもそも品質管理って。。
そんな事をネットで検索するとISO9001には
『品質要求事項を満たすことに焦点を合わせた品質マネジメントの一部』
なんのこっちゃ??
じゃあJISだと
『買手の要求に合った品質の品物
またはサービスを経済的に作り出すための手段の体系』
ふう〜ん。。
ようするに
QCD(Quality,Cost,Delivery)が
顧客と同じ考えになれば良いって事かな?
うん。うん。  なるほど同じ考えですか。
ん?? ・・・それって、、、ものすごく難しいのでは。


顧客のニーズと製造側の求める事。。。
その微妙な境界線で右往左往する今日この頃ですが
いつか顧客やエンドユーザー様が満足するQCDを達成するべく
コツコツと進んで行きたいと思います。


心掛け (鶴ヶ島工場 製造課Kさん)

1

 仕事において、より良い製品を
作ってゆくには何が大切でしょうか?
いろいろあると思いますが、
「決められた事を守る」、「当たり前のことを当たり前にやる」
というのが大切ではないでしょうか?
ですが仕事になれてきたり、忙しさにかまかけて
「大丈夫だろう」とか「あとでやればいいや」
といった考えがついつい浮かんでしまいます。
このような油断をすると思いがけないトラブルや、
不良を見逃してしまいます。
そんな油断をしない様にするには
仕事をしやすい環境を作るのが必要です。


今、会社ではいろいろな改善活動を行っています。
日々の仕事の中で小さな事からでも、自ら進んで
改善活動に協力したいと考えます。


入社式での忘れられない言葉 (本社工場 生産技術課Kさん)

1

 私がこの業界にお世話になって30数年になります。
言わばただの老とるです。
私自身30数年この業界で働けるのも
入社式での社長の言葉が心に残っているからです。
それは三つのカキ、「汗カキ」・「恥カキ」・「紙にカキ」
仕事は一生懸命頑張ってその中で失敗したら
同じ失敗をしないためにメモを取ると言う事です。


50歳過ぎた今でも癖なのかメモを取る事は、
体自身、身に付いているみたいです。
定年まであと数年を後進の育成をする立場で
『何を残せるか?』
「一つくらいは、何かを残したい」
と、感じ行動する毎日です。


一石○鳥 (鶴ヶ島工場 製造課Oさん)

1

 仕事において「改善」をする際、
自分の中であるルールを決めています。
『一石三鳥以上になるのか?ルール』です。



<例>
○○をしたことにより、△△が改善されるだけ
でなく、□□や◎◎にも・・・   = 一石三鳥 【良】


○○を〜、△△が改善されるだけでなく、
□□は勿論のこと、◎◎や◇◇の効率も
今まで以上に・・・       = 一石四鳥 【優良】


一石五鳥 以上 【超優良】


といった感じで勝手に色々真剣に考えます。

【超優良】は今まで一回もありません。


でも、自分で考えた内容が【良】止まりだったとしても、
いざ実行してみると思いもよらず【優良】になったりすることも。

狭い範囲で主観的な考えにならないよう、
視点をかえ、広い視野で色々と考えを巡らす。

結果、何鳥になったとしても
ルールに沿って最適解を導きだそうと考える時間が非常に楽しいわけです。

今のところ、この方法で出した改善案は全て採用されています。

いつか【超優良】な改善案がでるよう日々考え、業務に励みます。


頼もしき研修生 (本社工場 第2製造課Hさん)

1

 私は、加工係で働いておりますが、
今加工係では、9人の中国人研修生が働いています。


みんな異国の地で辛いことも多いとは思いますが
明るく頑張って仕事に従事してくれております。


今月末には新たに3人の研修生を受け入れることになっていますので
受け入れる側も、万全の態勢で新しい研修生を受け入れ、
一日も早く日本にまた、テラダイに慣れて
打ち解けてもらえるようにしたいと思います。


その代わりにと言っては変ですが、来年1月20日には
3年の研修期間を終え、二人の研修生が帰国します。
私にとってもとても思い入れの強い二人ですので
非常に寂しいですが、3年間頑張ってくれた彼らに感謝しつつ、
新しい研修生たちと、加工係をよりよくできるよう
共に頑張っていきたいと思っています。


節電 (鶴ヶ島工場 製造課Hさん)

1
 会社では、今節電に取り組んでおります。
こまめに電気を消すようにしておりますが、
1人1人ができることは、小さいと思います。
チリも積もれば山となると言うことわざがあるように、
みんなで協力して、大きな節電に
なるようにしていこうと思います。

気づく力 (鶴ヶ島工場 製造課Oさん)

1
 先日何気なく見ていたTVの番組で面白い物がありました。
女性芸能人のお化粧の細かい変化に
ゲストの男性芸能人が気づく事が出来るか?という物でした。
数名がチャレンジしましたが、気づく事が出来たのは二人だけでした。
見ていて「すごい!」と思うと同時に仕事にも必要な事だと感じました。
自分達は物作りが仕事です。
生産している製品や使用している設備の細かい変化に気づく事ができれば
不具合品を未然に防ぐ事が出来ると思います。
自分はどちらかと言えば「鈍感」な方なので、日々の生活や仕事の中で
気づく力を磨いて行きたいと思います。

<< | 2/15PAGES | >>