calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

archives

初心 (本社工場 管理課Iさん)

1
 仕事を始めた当初は、誰しも要領をつかめなかったりして、
必死に取り組んでいた事でしょう。
慣れてくると仕事を習熟し、最初の頃より上達していきます。
しかしこの慣れが落とし穴で、慣れた事で慢心して油断が生じ、
思いがけないミスをしてしまう事もあるでしょう。
「初心忘るべからず」という格言がある通り、始めた当初の
未熟であった時の自分の姿を思い浮かべ、謙虚な姿勢で仕事に
臨む事も大切だと考えます。

あれから・・  (鶴ヶ島工場 製造課Oさん)

1

 私がこの職種について17年ほど経ちました。
きっかけは、工場で汗と油にまみれて
ものづくりがしたかったので始めました。
(若い頃から古いタイプの人間だったみたい。)
当時の機械は、人間の感覚を頼りに調整していく箇所が多く
腕の差が品質にハッキリ出てしまうものでした。
ベテランになると出てくる製品や金型、設備の
状態で何かを感じ調整している様で当然ですが
私の様な未熟者ではその何かを感じ取れずに不良を多く出していました。
そんな私もボチボチベテラン入り
製品の色味や艶 金型から水分が蒸発するスピード、
製品を押し出す時の音等その何かを感じ取れる様になり、
この先の製品がどうの様に変化するか解かるようにもなりました。


今の機械は自動化や数値化で感覚に頼る所が
少なくなってきていますが経験や感覚を
プラスすることで更に上の品質を狙って行こうと思います。


気付き

1

 人間が、自身や自分の会社を改善する為には、
“気付き”が必要とされる。
問題点に気付かないと反省も対処もできない。


個人が問題点(通常と異なる変化点)に気付く事によって、
物事を見える化する努力を始めたり、
品質や生産性、組織の改善をしようとする原動力となる。


“気付き”がなければ自信も組織に於いても進歩はない。
「現状維持は退化である」を念頭に、
創意工夫の観点から常に“気付き”を以て従事する。


問いが人生を変える

1

 ある調味料メーカーで実際にあった有名な話です。
調味料の売り上げが下がってきたので社内で会議を開きました。


『どうすれば売り上げが上がるか』


優秀な社員が集まりアイディアを出し合って
いろいろ試したそうですが、
結局売り上げは上がらなかったそうです。


そんな時に
こんな事を言う新人女性社員があらわれたのです。
「出てくる穴の大きさを2倍にしたらどうか」
試してみたところ、売上倍増。
彼女は問いが違ったのです。
「どうすれば売上が上がるか?」ではなく
「どうすれば、もっと早く買ってもらえるかしら?」


人生を変える極意。
それは問いを変えてみることにあります。
あなたは答えの出ない問いに悩んでいませんか・・・
・・・・・・・・・。
というわけで…
行き詰まったら、問いを変えてみよう!!


継続は力なり

0

     8月上旬より、約3年ぶりに
    NC旋盤による加工を行っています。


    しかし3年のブランクは大きくごく当たり前の作業である、
    プログラムの作成、使用刃具の特性を考慮した条件設定、爪の製作等、
    作業の概要は覚えていますが、内容を忘れてしまっていた為、
    一つ一つ思い出す事に苦労致しました。


    思い出せば、なに事もなく作業は進むのですが、
    作業が進むにつれ、実際に削った加工部位の
    仕上り精度に不満を持つようになり、
    描いていた通りの仕上り精度がなかなか出せない自分に
    忸怩(ジクジ)たる思いを抱きつつ、1日も早くブランクを
    埋めていきたいと思う、今日この頃です。


    継続は力なり、ありきたりな言葉ですが
    その言葉の意味に痛感しております。


    こどもの笑顔・・・

    1

     息子は、現在小学5年生(11歳)です。
    サッカーをやり始めてまだ1年ちょっとですが
    9月20日の大会で初めて点を入れることが出来ました。(嬉)


    入団して数ヶ月でゴールキーパーに抜擢、この学年は
    チーム優勝経験がなく息子がキーパーで出た大会で初めての優勝!!
    また、息子が優秀選手賞に選ばれメダルを頂く事が出来たのが、
    約一年前それからは大会などでは、ベンチ入りが殆ど・・・・
    キーパーでは点を入れる事が出来ない苛立ちと、
    たまにフォア−ドで出させてもらっても、5分程しか出られず
    結果も出せない事から、落ち込む様子もみられました。


    ここ数ヶ月は違う子がキーパーをやることになり
    息子は、あまり出番はありませんが、
    フォアードで出させて頂く機会が増え、
    今回の青梅武蔵大会ではスターティングメンバー!!(驚き)
    前半のごくわずかな時間しか出られないチャンスを逃さず
    2試合目でしたが、初めて点を入れ、
    入れた瞬間の笑顔はとにかく最高の笑顔でした!!
    きっと私も妻も同じ笑顔だったのではないでしょうか・・
    この日は私の父の命日でもあり、必ず点が入る気がした日でした。
    そして、とても良い一日と笑顔をくれた息子に感謝しています!


    自分の業務

    1

     今、自分は大きな壁にぶち当たっています。
    それは管理者という壁です。
    言葉ではわかっているつもりですが、
    実際の行動に反映されていないことがあったり、
    抜けがあったりとまだまだ未熟だなと感じています。


    自分の周囲には指摘をしてくれる方、
    管理者とは、何かを教えてくれる方がいます。
    また指摘され気づけることや教わって得られることがあり、
    それは幸せなことかなと思います。
    時には、周囲から何も言われなければ気づけないこともあります。
    自分自身の意識・行動が変わらなければ変わらないままです。
    ですので自分・作業者・現場と向き合い、
    少しずつでも言葉と行動が、リンクできるように
    日々管理者とは何かを意識し、心がけている今日この頃です。


    性質の違い

    1

     「味噌も糞も一緒」と言うコトワザがあります。


    意味:善悪・優劣などの区別をせず、何もかもごたまぜに同一視する。
        :性質の異なるものを、区別しないでなにもかも一緒にすること。
    とあります。


    どっちもどっち。
    互いの主張を聞いた上で、どっちもどっちなんて

    思った瞬間に発してしまう「味噌も糞も一緒」。


    どっちがどっちか?は、置いといて
    性質の異なるものを、区別しないで

    何もかも一緒にすることは如何なもかと思います。


    言葉の意味は奥深く、細心の注意を払って

    使うべき言葉だと再認識した今日この頃です。


    鋳造現場への感想

    1

     私がテラダイに入社して約10年。
    今の入間工場の鋳造現場に10年前、
    一緒に作業していた人が1人もいない事に気付いた。
    私も今は、他部署に配属されているが
    同じ部署に10年以上いることは中々、ないのかもしれない。


     しかし、大事なのは長年やってきた人から次の人へ
    技術や知識が正しく踏襲されているのかと言う事だと思う。
    それはすぐに理解できる基本的な作業や、
    実際に作業をしている所を見せて自分自身で
    やってみなければ見に付かないことなど、
    色々あるがそれらの事が確実に引き継がれる事で
    個々の能力や現場で生産している製品も向上していくと思う。
    良品とはその様な積み重ねで作られる物なのだろうと思う。


    信用第一

    1

     私の家は新築で購入してから16年が経ちます。

    家は購入したら終了ではなく、メンテナンスをしながら

    時には多額の出費をしながらも家を維持していく必要があります。

    その中でも費用、時間を費やしたのが外壁塗装でした。

    決まった予算の中で満足できるものにしたかったので

    塗装業者の選定には多くの時間を費やしましたが、

    なかなか決定しなかったので、知人から業者を

    紹介してもらいそこに塗装を頼むことに決定し、

    2週間ほどかけて作業してもらいました。


    仕上がりはとても良く、ある日、

    同業者さんが見に来たことがあったのですが、

    その方が見ていった言葉が「いい仕事してますね」

    なんていわれる位のできばえでした。

    その塗装業者さんは親子2人と塗装職人さん1人で

    作業されており大きな会社ではないのですが、

    手抜きなしの仕事をすることでお客の信用を損なわずに

    次の仕事の足掛かりにしている印象を受けました。


     今でも家のことであれば塗装以外でも相談にのってくれる為

    その会社とはお付き合いがあります。

    この仕事の内容を自分に置き換えると、

    信用される仕事ができているかなと考えると

    まだまだ、だなと感じます。

    信用されるためにはどうするべきか考えながら

    仕事に取り組んでいきたいと思います。


    << | 3/15PAGES | >>